【写真特集】スーパームーンの皆既月食、台湾でも コロナ下の天体ショー

2021/05/27 12:32 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

台湾では26日夜、月が地球の影に完全に覆われる皆既月食が見られた。この日は、満月としては1年で最も大きく見られる「スーパームーン」と24年ぶりに重なった。

新型コロナウイルスの感染が国内で広がる中で迎えた天体ショー。山や開けた場所に足を運んで観賞する人も見られた。

本記事では、中央社記者が撮影した写真を紹介する。

台北市内で観察されたスーパームーンの皆既月食

台北市内で観察されたスーパームーンの皆既月食

台北市内の国父記念館で天体ショーを鑑賞する人々

台北市内の国父記念館で天体ショーを鑑賞する人々

山の上に登って観賞する人々も

山の上に登って観賞する人々も

26日午後7時44分ごろの様子。満月が赤銅色に染まった。

26日午後7時44分ごろの様子。満月が赤銅色に染まった。

ビルと比べてもその大きさがよく分かる。

ビルと比べてもその大きさがよく分かる。

台北都心を照らすスーパームーン。形が欠けている。

台北都心を照らすスーパームーン。形が欠けている。

台北のビルとスーパームーン。

台北のビルとスーパームーン。

次にスーパームーンと重なる皆既月食が見られるのは12年後の2033年10月の見込み。

(編集:楊千慧)