コロナ後「日本」行きたい人、4割強で最多=旅行会社/台湾

【観光】 2021/08/10 19:07 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
東京スカイツリー=ライオントラベル提供

東京スカイツリー=ライオントラベル提供

(台北中央社)台湾の旅行会社大手、ライオントラベル(雄獅旅行)が10日に公表したアンケート調査の結果によると、新型コロナウイルスワクチンの接種後に行きたい海外旅行先で日本が43%を占め、最多となった。

同社の役員は、日本の豊かな文化や四季に応じて見られるさまざまな景色が台湾の人々を引きつけていると指摘。2位以下は中国(8.7%)、チェコ(4.6%)、スイス(4.4%)、米国(3.7%)などが続いた。

「1年以内にワクチンの接種を2度受けた場合、海外に行きたいか」との問いに対し、76%が「行きたい」と答えた。時期については、来年の春節(旧正月、来年は2月1日)休みまでに海外に行きたいと考えている人が40%で最多。来年の夏休みが19%で2番目に多かった。

台湾に住む男女4029人から回答を得た。

(汪淑芬/編集:楊千慧)