脱線事故の犠牲者、きょう初七日 台湾鉄道、全線で哀悼の警笛

【観光】 2021/04/08 14:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
脱線事故の犠牲者、きょう初七日 台湾鉄道、全線で哀悼の警笛

脱線事故の犠牲者、きょう初七日 台湾鉄道、全線で哀悼の警笛

(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の特急、タロコ号の脱線事故では、運転士を含む50人が死亡した。犠牲者の初七日となる8日、台鉄では、事故の発生時刻に合わせて運行中の列車120編成が警笛を5秒間一斉に鳴らし、哀悼の意を伝えた。

脱線事故は2日午前9時28分に発生。東部・花蓮県を走行していたタロコ号は、線路脇の斜面から滑落してきた作業車と衝突して脱線。死傷者は270人近くに上った。

(呉欣紜/編集:塚越西穂)