鳥取県、エバー航空と共同でグルメと観光をPR コロナ後に照準/台湾

【観光】 2021/03/19 11:32 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
鳥取県、エバー航空と共同でグルメと観光をPR コロナ後に照準=エバー航空提供

鳥取県、エバー航空と共同でグルメと観光をPR コロナ後に照準=エバー航空提供

(台北中央社)鳥取県は新型コロナウイルス収束後のインバウンド需要を獲得しようと、エバー(長栄)航空と手を組み、台北市内で観光PRイベントを25日に開く。産地直送のブランド牛「鳥取和牛」を使ったメニューや県内で醸造された日本酒などを参加者に提供し、鳥取の魅力を伝える。

参加費は1000台湾元(約3850円)。同航空が17日に開催の情報を発表したところ、旅行会社で募集した37人の参加枠は18日までに完売した。

(汪淑芬/編集:名切千絵)