台湾南東沖でM5.8 屏東や台東で震度4

【観光】 2021/03/02 18:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
推計震度分布図=中央気象局提供

推計震度分布図=中央気象局提供

(台北中央社)2日午後5時23分ごろ、台湾南東沖を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震があった。中央気象局によると、震源の深さは31.2キロで、南部・屏東県や東部・台東県で最大震度4を観測した。

各県市の最大震度は次の通り。震度4=屏東県、台東県▽震度2=高雄市、嘉義県、嘉義市、台南市、雲林県、彰化県▽震度1=花蓮県、南投県、台中市、苗栗県、宜蘭県。

(編集:名切千絵)