高雄市、NYタイムズが選ぶ「今年愛すべき都市」に入選 台湾で唯一

【観光】 2021/01/15 14:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
高雄市で昨年11月にお目見えしたレインボーカラーの路上アート=同市観光局のフェイスブックから

高雄市で昨年11月にお目見えしたレインボーカラーの路上アート=同市観光局のフェイスブックから

(高雄中央社)米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が読者の推薦を元に選出する「2021年に愛すべき都市52選」に、台湾から唯一、南部・高雄市が入選した。同市政府観光局は14日、報道資料を通じて朗報を伝え、世界の舞台に躍り出たと喜びを示した。

推薦者は、仕事の関係で同市に2017年から18年まで滞在した中国系移民。生活のペースがゆったりしていることや台湾語が多く使われていること、海や山に近い環境であることなどを挙げ、正真正銘の「台湾テイスト」を味わえると紹介。性的少数者(LGBTなど)に理解があることにも言及し、台湾文化は人情味があり、友好的だと称賛している。

同局の周玲妏局長はこの評価について、誇らしく思うと歓迎するとともに、同市がLGBTフレンドリーであることを強調。ぜひカップルで訪れ、同市の愛と活力を感じ取ってほしいと呼び掛けた。

(侯文婷/編集:塚越西穂)