台湾鉄道、新型車両の投入延期 試運転で不具合

【観光】 2021/01/10 18:55 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は9日、春節(今年は2月12日)前に予定していたEMU900型通勤電車の投入を延期すると発表した。新型コロナウイルスなどの影響で、技師が台湾入りできず、試運転時に見つかった不具合を解消できないためとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます