台鉄や高鉄、駅構内でのマスク着用を義務化 過料最大5万5千円/台湾

【観光】 2020/12/24 15:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)交通部(交通省)は23日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、台湾鉄路管理局(台鉄)と台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)の駅構内でのマスク着用を義務化すると発表した。違反者には最大で1万5000台湾元(約5万5000円)の過料を科す。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます