クルーズ船各社、台湾市場に商機 国内路線の運航再開を相次いで発表

【観光】 2020/11/12 18:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北中央社)米クルーズ船大手カーニバル傘下のプリンセス・クルーズは11日、北部・基隆市の基隆港を母港として、台湾の離島を巡る路線を来年運航すると発表した。イタリアのコスタ・クルーズも今年12月から台湾一周クルーズを行う予定で、クルーズ船各社が台湾市場での運航再開に動き出している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます