スターラックス航空、12月に東京、大阪線就航 コロナ後に照準/台湾

【観光】 2020/10/26 17:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
スターラックス航空、12月に東京、大阪線就航 コロナ後に照準

スターラックス航空、12月に東京、大阪線就航 コロナ後に照準

(台北中央社)スターラックス(星宇)航空は26日、12月に桃園空港と東京(成田)、大阪(関西)をそれぞれ結ぶ路線を開設すると発表した。当面は2路線ともに週2往復運航する。新型コロナウイルス収束後の市場回復に照準を合わせ、先立って準備を整えることで、乗客のニーズと期待に応えたいとしている。

同航空は今年1月に運航を開始。だが新型コロナの感染拡大で、3月下旬には全3路線が全便運休に追い込まれ、フィリピン・セブ線、沖縄線への就航も延期された。現在はマカオとマレーシア・ペナンの2路線で運航が再開されている。

同航空によれば、12月15日に大阪線、同16日に東京線にそれぞれ就航する。大阪線は毎週火、金曜、東京線は水、土曜に運航される。

予約開始は、大阪線が11月2日、東京線は11月中旬を予定している。公式サイトや大手旅行会社各社で受け付ける。

12月1日にはタイ・バンコクにも就航する予定。

(余暁涵/編集:名切千絵)