台湾の小学生、日本で環境保全のPR公演 漂流カメラを拾う縁で

【観光】 2019/06/25 15:55 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(宜蘭 25日 中央社)昨年3月、海辺の清掃中に見つかった漂流カメラを日本人の持ち主に無事手渡した北東部・宜蘭県岳明小学校の児童らが7月上旬、念願の日本旅行を実現する見通しとなった。環境保全に対する人々の関心を喚起しようと、滞在中、通訳の協力の下、台湾の伝統芸能「ポテヒ(布袋戯)」と呼ばれる指人形劇で、カメラを拾った物語を披露する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます