プユマ号脱線、死傷者166人 宜蘭県「夜を徹し救助を」/台湾

【観光】 2018/10/21 21:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 21日 中央社)東部・宜蘭県で21日に起きた台湾鉄路管理局(台鉄)の特急プユマ号が脱線した事故で、台鉄は午後8時40分までで死者18人、けが人は148人に上ったと発表した。同県の陳金徳代理県長は、夜を徹して救助活動を行う方針を示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます