特急プユマ号脱線、死者17人 約100人が負傷/台湾

【観光】 2018/10/21 19:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(宜蘭 21日 中央社)21日午後4時50分ごろ、台湾鉄路管理局(台鉄)の新馬駅(東部・宜蘭県)で、樹林発台東行きの特急プユマ号が脱線した。中央社の記者が確認したところ、8両編成で、うち5両が脱線。台鉄は17人の死亡が確認されたと発表。運転士を含めた約100人が負傷した。台鉄によれば、プユマ号の運行開始以来、被害は最大だという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます