台湾鉄道、利用客数2年連続で減少=立法院報告書

【観光】 2017/12/11 15:40 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)台湾鉄道の利用客数が2年連続で減少していることが立法院(国会)予算センターが11日までに公表した台湾鉄路管理局(台鉄)の来年度の経営予算の見積もりに関する報告書で分かった。自強号(特急)と莒光号(急行)の利用客数の減少が特に顕著だという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます