デビュー50周年の花形特急列車が復活運転 力強く台湾半周

【観光】 2016/10/29 11:31 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台中 29日 中央社)1966年に花形特急列車「光華号」として、台北-高雄間を当時最速の4時間45分で結び、2014年に営業運転を退いたDR2700型気動車が29日午前、復活運転を果たした。起点の台北駅からは約360人が乗車。懐かしいエンジン音を響かせて力走する列車の旅を楽しんでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます