エバー航空会長、従業員に謝罪 台風時の運航に対する非難噴出で/台湾

【観光】 2016/10/03 16:53 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 3日 中央社)エバー(長栄)航空の林宝水董事長(会長)は先月30日、台風の襲来時に“強行運航”したとして非難が噴出したことを受け、従業員に対して謝罪した。台風時の対応について、徹底的に検討し、改善していくと表明している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます