チャイナエアライン会長、エバー航空との業務提携の方針明かす/台湾

【観光】 2016/09/02 17:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 2日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)の何煖軒董事長(会長)は1日、6月下旬の就任以来初めてメディアとの食事会を開き、エバー(長栄)航空と各分野での協力に関する話し合いを進めていることを明かした。何董事長は就任当日、エバー航空を手本としたい考えを述べていた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます