台中の鉄道環状線計画始動、2018年着工へ 経済・交通の発展目指す/台湾

【観光】 2016/07/28 12:57 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台中 28日 中央社)市内を一周する鉄道環状線の建設計画を積極的に進めている台中市。計画の一区間である「微笑山手線」はこのほど交通部の同意を獲得し、建設開始が決まった。経費として台湾鉄路管理局(台鉄)により計15億4000万台湾元(約50億4600万円)が編成される。2018年着工、2021年完成予定。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます