台湾北部で豪雨 桃園空港浸水、約2時間まひ状態に 100便以上に影響

【観光】 2016/06/02 16:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(桃園空港 2日 中央社)台湾北部の台北市や新北市、桃園市、基隆市の各地は2日午前、豪雨に見舞われた。雷を伴う大雨の影響で桃園国際空港(桃園市大園区)は建物の内外が浸水。さらに、台北・大屯山に設置されている超短波全方向式無線標識(VOR)も落雷で破損し、空港は2時間以上にわたりまひ状態になった。午前11時までで計104便に影響が出た。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます