台湾鉄道最後の日本製白熱電球式デジタル時計、役目終え撤去

【観光】 2016/01/13 18:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 13日 中央社)台湾鉄路管理局屏東駅の旧駅舎に残されていた白熱電球式のデジタル時計が11日、役目を終え撤去された。同型の時計としては同局最後の1台とされる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます