台湾・マンダリン航空、台中―ソウル線減便へ MERS感染拡大で

【観光】 2015/06/11 15:30 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 11日 中央社)マンダリン(華信)航空は10日、台中―ソウル線の運航を、現行の週7便から週4便に減便すると発表した。今年7月末までの一時的な措置。韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染が拡大し、航空需要が低くなっているためとみられる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます