大正時代の“最先端”と“日本の美意識”息づく台湾・総統府の内側

【観光】 2014/09/08 18:13 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台北 8日 中央社)台湾の“霞が関”、台北市博愛特区の中央に鎮座する「中華民国総統府」。赤レンガに白い大理石が美しいルネッサンス様式の荘厳な建築は、日本が台湾を統治するために設置した「台湾総督府」本庁舎の建物として1919(大正8)年に完成したもの。だが、外観の美しさ以外にも当時としては珍しいゴミ集積装置など内部にも素晴らしい機構が備わっていた。中央社の記者が関係者に取材した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます