曇り空でご来光お預けも“模擬初日の出”で新年祝う/台湾・台東

【観光】 2014/01/02 14:51 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台東 2日 中央社)14年間連続で初日の出が拝めていない台東県では、一縷(いちる)の望みをかけて海岸沿いに多くの人々がつめかけたものの、あいにくの曇り空に阻まれ、またもや“お預け”となったが、ご来光観賞イベントの主催者がサーチライトを使用した“模擬初日の出”を用意し、集まった観衆にささやかな喜びを与えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます