雲林で新ブランド豚「雲饗豚」 良質な肉を消費者に=県長/台湾

【社会】 2021/10/12 19:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
雲林県で誕生した新たなブランド豚「雲饗豚」

雲林県で誕生した新たなブランド豚「雲饗豚」

(雲林中央社)養豚が盛んな中部・雲林県で新たなブランド豚「雲饗豚」が誕生した。県政府は12日、お披露目イベントを開催。張麗善(ちょうれいぜん)県長は、人々に安心して食べてもらいたいと良質な肉を消費者に届ける姿勢を示した。

県によれば、薬品の残留がなく、成長促進剤「ラクトパミン」を使用していない地元の畜産農場で、音楽を聴かせるなど、家畜を健康的な環境で育てるアニマルウェルフェア(動物福祉)に配慮して飼育された豚。「HACCP」(ハサップ)など県が指定する認証を2種以上取得していることも条件とされている。

県の市場内に雲饗豚の展示販売を行うスペースが設けられ、この日、営業が開始された。イベントには県内の業者が招かれ、県は協力の意向を示す文書への署名を呼び掛けた。

(姜宜菁/編集:楊千慧)