居留証に「中国」、欧州人権裁判所「違反でない」 台湾人留学生の訴え却下

【社会】 2021/08/04 14:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
居留証に「中国」、欧州人権裁判所「違反でない」  台湾人留学生の訴え却下

(ベルリン中央社)ノルウェー政府が台湾人の居留証の国籍欄に「中国」と表記することは人権侵害だとして、台湾人留学生らが欧州人権裁判所に起こした訴えが却下された。代表者は、理由なく訴えが退けられたことに失望していると話した。

ノルウェーで学ぶ台湾人留学生を中心とした団体は外交部(外務省)や海外在住台湾人らの支援を得て、ノルウェー政府を相手取って訴訟を起こしたが、訴えを退けられたため、欧州人権裁判所に提訴していた。

団体の代表者によれば、訴えの内容が欧州人権条約に違反していると認められないとして、先月15日に却下されたという。代表者は門前払いを食らった感覚だと不満を示した。弁護士と相談し、国連人権委員会に訴え出ることも検討しているという。

(林育立/編集:楊千慧)