台南産マンゴーを応援 群馬県みなかみ町、3200キロを輸入/台湾

【社会】 2021/07/22 18:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
黄偉哲台南市長=同市政府提供

黄偉哲台南市長=同市政府提供

(台北中央社)台南市政府は22日、友好都市協定を結ぶ群馬県みなかみ町や県内の複数の市町村などから今年、台南産マンゴー計1040箱の注文があったと発表した。重量では3200キロに上る。すでに輸出され、現地で販売されている。黄偉哲(こういてつ)台南市長は、マンゴー購入によって台湾への支持を示したみなかみ町などに感謝を述べた。

市によれば、みなかみ町が台南産マンゴーを輸入するのは8年連続。同町は群馬県や県商工会連合会、県内の各自治体にも声を掛け、1040箱を注文した。

市関係者によれば、台南産のマンゴーはみなかみ町内の道の駅などで販売され、多くの利用者が購入したという。

台南市とみなかみ町は2013年に友好都市協定を締結し、交流を深めている。

(張栄祥/編集:名切千絵)