日本時代の基隆中学校教職員宿舎、市の歴史建築に登録/台湾

【社会】 2021/06/18 19:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
修復が待たれる基隆中学校教職員宿舎=基隆市文化局提供

修復が待たれる基隆中学校教職員宿舎=基隆市文化局提供

(基隆中央社)基隆市政府文化局は18日、日本統治時代に建てられた旧基隆中学校官舎が市の歴史建築に登録されたと発表した。当時の建築物の特色を有し、地域の発展を反映していることから登録が決まった。市は修復、再利用に向け、文化部(文化省)から補助金を得ることを目指すとしている。

陳静萍文化局長によれば、官舎は田寮港37番地(現・義七路39号)に1931年に完成した。玄関は雨よけが可能なスペースとなっており、雨が多い基隆の特徴に合わせて調整されたことがうかがえると陳氏は指摘。また、玄関の柱には、当時の基隆の公共建築でよく見られた、細い溝の模様がある「スクラッチタイル」が採用されており、当時流行していた素材と工法を実証していると紹介した。

官舎は戦後、省立基隆中学(現・国立基隆高級中学)の教職員宿舎として使用された。

(沈如峰/編集:名切千絵)