TSMCとホンハイ系慈善団体、政府代理としてワクチン調達交渉へ/台湾

【社会】 2021/06/18 17:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
ビオンテックの新型コロナウイルスワクチン=同社のツイッターから

ビオンテックの新型コロナウイルスワクチン=同社のツイッターから

(台北中央社)新型コロナウイルスワクチン確保が難航する中、行政院(内閣)は18日、半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)と鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者、郭台銘(テリー・ゴウ)氏が設立した慈善団体、永齢基金会に、政府の代理として独ビオンテック社と交渉する権利を付与する方針を固めた。

羅秉成(らへいせい)報道官によれば、各社が購入するワクチンはそれぞれ500万回分で、ドイツから直接台湾に運ばれ、政府に寄贈される見通し。納期は未定。

ビオンテック社のワクチンをめぐっては、政府が500万回分の調達を目指して交渉を進めたものの、最終段階で頓挫した。台湾を含む中華圏での販売代理は中国の上海復星医薬で、政府は「中国の介入」があったと明かしている。このような事情を受け、TSMCと永齢基金会は、民間企業・団体として同社と交渉する意向を示し、政府に許可を求めていた。

(賴于榛/編集:塚越西穂)