新規国内感染132人、8人死亡=いずれも減少傾向/台湾

【社会】 2021/06/15 16:14 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
15日の新規国内感染者の内訳(居住地別)

15日の新規国内感染者の内訳(居住地別)

(台北中央社)中央感染症指揮センターが15日に発表した新たな新型コロナウイルスの国内感染者は132人だった。また、50代から90代の男女8人が死亡した。陳時中(ちんじちゅう)指揮官は、感染者数と死亡数が減少しているとし、良い現象だとの見方を示した。

新規感染者132人は、5歳未満から80代の男女。1日から14日にかけて発症した。地域別では多い順に▽新北市=65人▽台北市=26人▽苗栗県=18人▽桃園市=12人▽基隆市=3人▽台南市、台中市、花蓮県=各2 人▽嘉義県、彰化県=各1人。

先月11日から今月13日にかけて、累計1万1722人の感染者が確認され、うち52.8%に当たる6188人の隔離が解除された。

海外からの輸入症例は3人で、インドネシア人男性1人と、ペルーから帰国した台湾人2人だった。

台湾内で確認された感染者は累計1万3241人となり、死者は460人となった。

(陳婕翎、張茗喧、江慧珺/編集:楊千慧)