台湾、国内感染185人 15人死亡 陳指揮官「気は抜かないで」

【社会】 2021/06/14 16:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、国内感染185人  15人死亡  陳指揮官「気は抜かないで」

(台北中央社)中央感染症指揮センターは14日、新型コロナウイルスの国内感染者を新たに185人確認したと発表した。5歳未満から90代までの男女で、先月28日から今月13日までに発症した。また、50代から90代までの男女15人が死亡したと明らかにした。

台湾内の感染者は計1万3106人、死者は計452人になった。

指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は記者会見で、最近の感染状況は比較的落ち着いていると言及しつつ、「まだ気は抜いてはいけない。みなで共に持ちこたえることが必要だ」と呼び掛けた。

14日の新規国内感染者の居住地は多い順に、新北市=98人▽台北市=42人▽基隆市=14人▽桃園市=10 人▽苗栗県=7人▽花蓮県=4人▽彰化県、新竹県=各3人▽宜蘭県=2人▽台中市、雲林県=各1人。

この日、海外に行動歴がある輸入症例は確認されなかった。

(陳婕翎、江慧珺/編集:名切千絵)