国内の新規感染、200人下回る=29日ぶり/台湾

【社会】 2021/06/13 18:29 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
国内の新規感染、200人下回る=29日ぶり/台湾

(台北中央社)中央感染症指揮センターは13日、新型コロナウイルスの国内感染者174人を新たに確認したと発表した。国内の新規感染者数が200人を下回ったのは、台北と新北の北部2都市で警戒レベルが「第3級」に引き上げられた先月15日以来で、29日ぶりとなった。

新規感染が発表された174人は、5歳未満から90代の男性79人、女性95人。居住地別では新北市が81人と最多。以下は多い順に台北市62人、桃園市16人、基隆市7人、彰化県4人、新竹県2人、台中市1人、花蓮県1人。

同センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は、国内の新規感染者数が徐々に減少していることに言及。喜ばしいことではあるが、まだ油断はできないとして、警戒を続けるよう人々に呼び掛けた。

死亡者数については、50代から90代の男女計26人と報告された。海外からの輸入症例は1人で、米国に滞在していた台湾人男性だった。4月に米国で陽性と診断されていたが、帰国時は搭乗前3日以内の陰性証明を所持しており、症状はなかった。

台湾内の感染者は累計1万2921人、死者数は437人に達した。

(陳婕翎、江慧珺/編集:荘麗玲)