台湾新幹線、減便 感染拡大で需要減 1時間に上下線各2本は維持

【社会】 2021/05/25 18:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾新幹線、減便 感染拡大で需要減 1時間に上下線各2本は維持

台湾新幹線、減便 感染拡大で需要減 1時間に上下線各2本は維持

(台北中央社)台湾高速鉄道(新幹線、高鉄)は台湾内の新型コロナウイルス感染拡大で旅客数が減少したのを受け、27日から減便する。少なくとも1時間に上下線各2本の運行は維持する上、通勤者が多く利用する朝と夜の時間帯は本数を多くする。

25日発表した。高鉄は感染拡大の影響で21日、すでに1週間当たり171便を減便していた。今回、さらに同289便減便する。減便は来月10日までとしている。

端午節に伴う連休に当たる来月12~14日の運行スケジュールについては、来月初めまでに発表するとした。

(汪淑芬/編集:楊千慧)