台湾、国内感染281人 追加分は261人 6人死亡 新型コロナ

【社会】 2021/05/25 15:15 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、国内感染281人  追加分は261人  6人死亡  新型コロナ

(台北中央社)中央感染症指揮センターは25日、新型コロナウイルスの国内感染者を新たに281人確認したと発表した。5歳未満から90代までの男女で、発症日・検査日は今月7日から24日までの間。これとは別に、24日までの統計に含まれていなかった追加分として、261人の感染も発表された。また、60代から90代までの男女6人が死亡した。死亡日は20日から24日までの間。このうち5人は基礎疾患があったことが確認されている。

台湾内の感染者は計5456人、死者は計35人になった。修正後の単日感染者数では17日の510人が最多。

25日の新規国内感染者の居住地は多い順に、新北市が154人、台北市が49人、桃園市が16人、基隆市、台南市、彰化県が各10人、台中市が9人、屏東県、新竹市が各4人、高雄市、宜蘭県が各3人、台東県、南投県、苗栗県が各2人、新竹県、雲林県、花蓮県が各1人。追加分を含めた国内感染者計544人のうち、感染の関連不明は111人で、86人が調査中。残る345人は感染源が判明している。

海外に行動歴がある輸入症例は2人確認された。行動歴はいずれもフィリピンで、今月2日から11日にかけて入国した。

(張茗喧、江慧珺/編集:名切千絵)