23日の国内感染287人、死者6人 過去の感染者170人追加で発表/台湾

【社会】 2021/05/23 16:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官=同センター提供

中央感染症指揮センターの陳時中指揮官=同センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターの最新の発表によれば、23日の新型コロナウイルスの新たな国内感染者は287人だった。この他、先週の感染者170人が追加で発表された。また、6人の死亡が確認された。

23日の感染者は、新北市が142人で最多となり、台北市77人、桃園市23人が続いた。台北松山空港に勤務する日本航空(JAL)職員の感染も明らかになった。

死者6人の年齢層は50~80代で、5人が慢性疾患を抱えていた。

新たに追加された170人の感染者は16日から22日にかけてのもの。情報共有システムの手続きに時間を要し、発表に時間差が生じた。修正後の単日感染者数では17日が441人で最多。その次は19日の391人となった。

23日の国内感染者287人と追加発表170人のうち、接待を伴う飲食店「茶芸館」関連の感染者は25人で、茶芸館が位置する台北市万華に行動歴がある感染者は161人を占めた。関連が不明な感染者は70人で、調査中は66人。

海外からの輸入症例は3人だった。台湾内で確認された感染者は累計4322人となり、国内感染は3158人を占めている。死者は23人。

(陳婕翎、許秩維、張雄風/編集:楊千慧)