コロナ警戒強化の台湾 車での外出も「2人以上ならマスク着用」=対策本部

【社会】 2021/05/21 18:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

コロナ警戒強化の台湾 車での外出も「2人以上ならマスク着用」=対策本部

コロナ警戒強化の台湾 車での外出も「2人以上ならマスク着用」=対策本部

(台北中央社)新型コロナウイルスの警戒レベルが「第3級」となった台湾で車で外出する際、マスクの着用義務が生じるか否かの問題について、中央感染症指揮センターは21日、単独であれば免除されるが、2人以上乗っている場合には着用するべきとの見解を示し、順守を求めた。

台湾は国内感染の拡大に伴い、警戒レベルを28日まで第3級に引き上げている。これに伴って外出時のマスク常時着用が義務付けられ、これに反すれば3000 台湾元(約1万1700円)以上1万5000台湾元(約5万8000円)以下の過料が科される。だが、車での外出にも適用されるのかという明確な基準はこれまでなかった。

同じくあいまいな部分があると指摘されていた屋外での飲食については、公園などでもマスクの着用が必要となることから、自宅や会社などに持ち帰って食べることが推奨された。工事現場の労働者など、屋外で食べる必要がある場合には、十分な対人距離を確保することが求められる。

また、各地方自治体によって考え方の違いがあった罰則発生のタイミングについても話し合われ、違反者に注意した上で、なお改善が見られなかった場合に過料を科す方式に統一されることが決まった。

(江慧珺、陳至中/編集:塚越西穂)