台湾プロ野球、来月8日まで無観客 コンサートや舞台、相次ぎ延期

【社会】 2021/05/12 17:54 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾プロ野球、来月8日まで無観客=資料写真

台湾プロ野球、来月8日まで無観客=資料写真

(台北中央社)新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、台湾プロ野球は来月8日まで、全試合無観客とする。中華職業棒球大聯盟(CPBL)が12日発表した。

台湾では来月中旬、東京五輪の最終予選に当たる野球の国際大会が予定されているが、これについて大会を運営するCPBLは、中央感染症指揮センターの措置に従うとしている。

14日に南部・台南で開会式が行われる大学生のスポーツ大会「全国大専校院運動会」も観客を入場させないことが決まった。

コンサートや舞台公演の延期も相次いで発表されている。歌手A-Lin(アリン)は今月中旬から下旬にかけて予定していた7公演の延期を、タレントのマチルダ・タオ(陶晶瑩)は来月初めの台北アリーナでのコンサート延期を発表した。

(楊啓芳/編集:楊千慧)