台湾、コロナ用に3千床確保へ マスク備蓄は8億枚超 指揮官「足りる」

【社会】 2021/05/12 14:58 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
国会答弁に臨む中央感染症指揮センターの陳指揮官(左)

国会答弁に臨む中央感染症指揮センターの陳指揮官(左)

(台北中央社)中央感染症指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は12日の立法院(国会)社会福祉・衛生環境委員会で、新型コロナウイルスの国内での感染拡大に備え、病床を空けるよう感染症指定医療機関に求めたと明らかにした。3000床がコロナ患者用に確保される見通し。国内のマスクの備蓄は8億3000万枚に上るとし、防疫物資は「足りている」と述べた。

与党・民進党の頼恵員立法委員(国会議員)への答弁。

陳氏は答弁で、現在の国内の感染状況は「非常に深刻」だと繰り返し述べ、警戒レベルを近日中に引き上げる可能性を示した。

(陳婕翎/編集:名切千絵)