台湾、検疫用ホテルの従業員1人が感染 宿泊者ら400人余りを隔離

【社会】 2021/04/29 18:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
チャイナエアラインの乗組員が在宅検疫のために宿泊していた台北ノボテル桃園国際空港ホテル

チャイナエアラインの乗組員が在宅検疫のために宿泊していた台北ノボテル桃園国際空港ホテル

(台北中央社)中央感染症指揮センターは29日、桃園国際空港近くの「台北ノボテル桃園国際空港ホテル」の客室清掃部門で働く中間管理職の40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。指揮センターは感染拡大防止のため、同ホテルの宿泊者や従業員400人余りを隔離する。同ホテルにはチャイナエアライン(中華航空)の乗組員が在宅検疫のために宿泊していた。

台湾では20日以降、同航空の貨物機操縦士の感染が相次いで確認されている。指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は、ホテルの従業員が環境の影響で感染した可能性は低いとし、清掃職員同士の接触によって感染の連鎖が起こったことで館内の環境を汚染した可能性があるとの見方を示した。

鄭文燦(ていぶんさん)桃園市長は29日、市議会での答弁で、同ホテルの館内を消毒し、14日間以上は館内を空にすると明らかにした。

この日、ホテル従業員を含め、新たに3人の感染が確認された。残る2人は20日に感染が確認された同航空操縦士の同居家族の40代女性と同航空貨物機操縦士の50代男性。50代男性は今月中に2度、米国路線に乗務していた。感染源は調査中だとしている。

台湾内の感染者は計1121人になった。

(陳婕翎、陳至中/編集:名切千絵)