台湾、新規感染2人 感染源不明の貨物機操縦士 新型コロナ

【社会】 2021/04/20 18:34 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
イメージ=ピクサベイから

イメージ=ピクサベイから

(台北中央社)中央感染症指揮センターは20日、新型コロナウイルスの感染者2人を新たに確認したと発表した。50代と60代の台湾人男性で、いずれも台湾の航空会社に勤務する貨物機の操縦士。感染源は分かっていない。台湾内の感染者は累計で1078人となった。

2人は16日、米国への乗務を終えて帰国。3日間の検疫(外出禁止)期間中、相次いで喉のかゆみなどの症状が現れた。勤務に戻るため、19日に検査を受けたところ陽性と判定された。ウイルス遺伝子量に関するCt値は、50代の男性が29、60代の男性は17だった。

Ct値は数値が低いほどウイルス量が多いことを意味し、感染力が強いことを示す。同センターは、2人に症状が現れた時期とCt値の出方が通常とは異なると指摘。1人が機内で感染した可能性が高いとみて感染の順序を明らかにするとともに、2人が共に海外で感染した可能性もあるとみて感染源を調べている。

(陳婕翎、張茗喧/編集:荘麗玲)