桃園地区の減圧給水、終日に延長 16日から/台湾

【社会】 2021/04/16 19:50 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
桃園地区の減圧給水、終日に延長 16日から

桃園地区の減圧給水、終日に延長 16日から

(台北中央社)王美花(おうびか)経済部長(経済相)は16日、桃園地区の減圧給水をこれまでの夜間のみから終日に延長すると発表した。同日から実施する。台湾では水不足が深刻化しており、桃園市の主要ダムである石門ダムの貯水率は16日午後7時現在、27.5%にまで低下している。

このほか、北部・新竹、南部・台南、高雄では23 日から、工業用水の節水率を引き上げる。

各地の主要ダムの貯水率は曽文ダム(嘉義県)11.7%、翡翠ダム(新北市)74.0%、徳基ダム(台中市)4.5%、日月潭ダム(南投県)34.0%など。

(謝方娪/編集:名切千絵)