タロコ号脱線 脱出した乗客「多くの人が地面に横たわっていた」/台湾

【社会】 2021/04/02 14:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(台東中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)の特急タロコ号が東部・花蓮県のトンネルで脱線した事故は救助作業が続けられている。脱出した乗客の男性は「多くの人が地面に横たわっていた。目を向けることができなかった」とトンネル内の状況を語った。鉄道警察局の正午の報告によれば、少なくとも36人が心肺停止、72 人が車内に取り残されているという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます