台湾、コロナ患者1人増 比の労働者 入国4週間目の自費検査で陽性

【社会】 2021/03/26 16:53 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
資料写真

資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは26日、台湾で新型コロナウイルス感染者を新たに1人確認したと発表した。先月28日に仕事で訪台した30代のフィリピン人男性で、隔離期間満了前の検査では陰性だったという。

同センターによれば、男性は今月25日に受けた自費検査で陽性となり、翌日の再検査でもPCR検査、抗体検査とも陽性だった。

26日現在、台湾内の感染者は累計1013人で、このうち897人が海外から持ち込まれた輸入症例。死者は10人。973人は隔離解除された。

(陳至中、張茗喧/編集:塚越西穂)