台湾、1人感染確認 フィリピンから入国 新型コロナ

【社会】 2021/03/10 16:52 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中央感染症指揮センター陳時中指揮官=同センター提供

中央感染症指揮センター陳時中指揮官=同センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは10日、台湾で新たに新型コロナウイルスの感染者1人を確認したと発表した。仕事のために訪台した20代のフィリピン人男性。台湾内の感染者は計978人になった。

指揮センターによれば、男性は先月28日に訪台。陰性報告を所持しており、入国時に症状はなかった。だが、4日からせきや発熱などの症状が現れ始めたため検査を受けたところ、陽性だった。

また、指揮センターは感染状況が安定しているとして、香港を「中低リスク」の国・地域に加えた。一方、国内感染が広がっている東ティモールとモーリシャスの2カ国を、これまでの「低リスク」から「中低リスク」に変更した。

(張茗喧、余暁涵/編集:名切千絵)