トップ賞の台湾人漫画家「仕事で日本と関わりたい」=日本国際漫画賞授賞式

【社会】 2021/02/26 16:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
日本国際漫画賞の授賞式にオンライン方式で参加した韋蘺若明さん

日本国際漫画賞の授賞式にオンライン方式で参加した韋蘺若明さん

(東京中央社)外務省が主催する「第14回日本国際漫画賞」の授賞式が25日、オンライン方式で開催された。葬儀屋の世界を通して主人公の成長を描いた「送葬協奏曲(Funeral director)」で最優秀賞を獲得した台湾人漫画家、韋蘺若明さんは、「審査員に高く評価されてとてもうれしい」と喜び、仕事で日本と関わるチャンスが持てるよう、今後も面白い物語を生み出していきたいと抱負を語った。

台湾人が同賞で最優秀賞を獲得したのは初めて。式典後、中央社の電話インタビューに応じた韋蘺若明さんは、国民性や文化の違いから、同作があまり理解されないのではと思っていたが、予想外の結果になったと明かし、自分が伝えたいことを、台湾の読者よりも日本の読者の方が理解してくれたのではと分析。新型コロナウイルスの影響で訪日できなかったことはとても残念だが、いつか日本に招かれ、交流できる日が来ることを願ってがんばりたいと意気込んだ。

漫画文化を通じた国際交流を目的として、2007年に創設された同賞。今年は61カ国・地域から、過去最多となる383作品の応募があった。台湾からはほかにも、小説を原作とした阮光民さんの「歩道橋の魔術師漫画版(阮光民巻)」が優秀賞に輝き、LGBTなど性的少数者をテーマにしたD.S.さんの「百花百色」も入賞を果たした。

(楊明珠/編集:塚越西穂)