新規感染ゼロもマスク着用「継続」呼び掛け/台湾

【社会】 2021/02/22 17:59 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
新規感染ゼロもマスク着用「継続」呼び掛け/台湾=資料写真

新規感染ゼロもマスク着用「継続」呼び掛け/台湾=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは22日、新型コロナウイルスの感染者は新たに確認されなかったと発表した。一方、世界的な流行は収束していないとして、公共の場でのマスク着用要請などの感染予防策を継続する方針を示した。

マスクの着用が求められているのは▽医療機関▽公共交通機関▽百貨店・スーパーなどの商業施設▽図書館や高齢者向け学習センターなど教育の場▽映画館、体育館、博物館など展示や試合の鑑賞施設▽ナイトクラブ、バー、カラオケなどレジャー施設▽寺や廟、教会など宗教施設▽銀行、郵便局、行政機関など。従わない場合、最高で1万5000台湾元(約5万7000円)の過料が科される。

水際対策も続ける。入国者は原則として搭乗前3日以内の陰性証明の提出が求められ、入国後は14日間の検疫(外出禁止)を受ける。

台湾内の感染者は累計942人。

(張茗喧、許秩維/編集:楊千慧)