台湾、コロナ患者3人増 うち1人は病院クラスター関連

【社会】 2021/01/23 16:19 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、コロナ患者3人増 うち1人は病院クラスター関連=資料写真

台湾、コロナ患者3人増 うち1人は病院クラスター関連=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは23日、台湾で新型コロナウイルスの感染者を新たに3人確認したと発表した。このうちの1人は北部・桃園市の病院で発生したクラスター(感染者集団)関連で、22日に感染が発表された90代男性と60代女性の同居家族だった。

病院関連の感染者は50代の女性。90代男性は女性の父親で、今月15日まで同院に入院しており、女性は父親の看護に当たっていた。その期間、同16日に感染が確認された看護師と接触があったことから、男性の退院後も在宅隔離の対象となり、同11日と17日に検査を受けたが陰性だったという。後に家族の感染が判明したため再々検査を受け、陽性に転じた。同センターは、感染源の特定など疫学調査を急いでいる。

残りの2人は、海外から持ち込まれた輸入症例。それぞれ10代の英国人男性と20代の米国人女性。いずれも無症状で、陰性証明を所持して入境していたという。

23日現在、台湾内の感染者は累計884人で、このうち776人が輸入症例。死者は7人。783人は隔離解除された。

(張茗喧、余暁涵/編集:塚越西穂)