台湾、輸入症例が3例 国内感染はなし 新型コロナ

【社会】 2021/01/21 19:00 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、輸入症例が3例 国内感染はなし 新型コロナ=資料写真

台湾、輸入症例が3例 国内感染はなし 新型コロナ=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは21日、新型コロナウイルスの新規感染者を3人公表した。いずれも海外からの輸入症例だとしている。国内の感染者はいなかった。台湾内で見つかった感染者は累計873人。

感染者のうち1人はデンマーク籍の30代男性。昨年末に仕事で訪台し、14日間の在宅検疫(外出禁止)を今月14日に終えた後、台湾内の企業で業務を行った。出国のため20日に自費で受けた検査で陽性と判定された。

同センターによれば、男性は入国の際、搭乗前3日以内の陰性証明を提出していた。ただ、荘人祥報道官は、男性のウイルス遺伝子量に関するCt値が高いことから海外で感染していたとの見方を示している。陰性と陽性を繰り返す状態にあるとみられ、感染力は強くないとした。

同センターは、男性の行動歴を調査。男性は在宅検疫を終えた後はマスクをつけて行動していたといい、主な活動範囲は仕事先と宿舎周辺だという。

これ以外では、フィリピン人2人の感染が発表された。いずれも1月上旬に仕事で訪台し、14日間の在宅検疫期間満了前の検査で陽性となった。2人に症状はないという。

(陳偉婷/編集:楊千慧)