日本統治時代から残る沿道家屋、修復プロジェクトで元の姿に/台湾・嘉義

【社会】 2021/01/16 13:04 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(嘉義中央社)南部・嘉義市は近年、日本統治時代の建物をはじめとする古建築の修復プロジェクトに力を入れている。このたび、市民に参加を促すための説明会が開かれ、昨年の実施例の一部が紹介された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます