台湾、南ア変異種を初確認 関連の渡航歴持つ入国者を集中隔離へ

【社会】 2021/01/13 17:43 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、南ア変異種を初確認  関連の渡航歴持つ入国者を集中隔離へ

(台北中央社)中央感染症指揮センターは13日、南アフリカで見つかった新型コロナウイルスの変異種が台湾で初めて確認されたと明らかにした。感染していたのは3日に陽性と発表されたアフリカ南部エスワティニ籍の30代男性。これを受け14日以降の入国者で、過去14日以内に南アフリカやエスワティニへの渡航歴(乗り継ぎ含む)を持つ人について、集中検疫所で14日間の検疫(外出禁止)とする方針を発表した。

対象者には入国時の検査に加え、検疫期間満了前に再度、検査を行う。陰性が確認された場合でも、検疫を終えてから7日間は自主健康管理(外出時のマスク着用、公共の場への出入り自粛など)を求める。これまでに変異種が見つかった英国からの入国者にも同様の措置を取っている。

13日に新たに発表された感染者は4人で、いずれも海外からの輸入症例だった。内訳はインド人1人、インドネシア人3人。台湾で見つかった感染者は計842 人となった。

(呉欣紜、陳偉婷/編集:楊千慧)