台湾3歳児の眼腫瘍治療、東京で始まる 駐日代表「祈るしかない」

【社会】 2020/12/22 14:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
がん治療のため訪日している男児と祖母(右)=謝駐日代表のフェイスブックから

がん治療のため訪日している男児と祖母(右)=謝駐日代表のフェイスブックから

(東京中央社)眼腫瘍を患い、日本での治療を希望していた南部・高雄市の3歳男児の治療が21日、東京都内の病院で始まった。自身のフェイスブックに「チャンスは1度のみ」とつづり、緊張感をあらわにしていた台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃちょうてい)代表(大使に相当)は同日、メッセージを新たに投稿し、退院時に祝ってあげられるよう今は「祈るしかない」と成功を願った。

男児は生後4カ月のころ、小児がんの中でも希少がんとされる網膜芽細胞腫で左の眼球を摘出したが、右目にもがん細胞が転移していたことが最近判明。日本で最新の治療を受ければ右目が残せる可能性があり、台湾社会では、報道を通じて民間から諸費用が集まるなど、高い関心が寄せられた。新型コロナウイルスの影響で懸念されていた日本のビザも日本側の人道的配慮で迅速に発給され、男児と祖母は今月5日に東京入り。病院では、病変に極めて近い位置から放射線治療を行う小線源治療を受ける。

謝氏によると、男児は14日間の隔離を終えた21日朝、同処の職員や祖母、ボランティアらに付き添われ、隔離先から病院に移動した。患部を切除する一般的な外科手術とは異なり、施術には2~3日必要で、25日に退院する予定だという。

(楊明珠/編集:塚越西穂)